値札付きの宇宙船

恋は 偶然 突然 必然 さあ 君もおいで

枯れないで、いつまでも。Sexy Zoneというグループと薔薇

Sexy Zone、デビュー5周年おめでとう!

f:id:chiwo567:20161116194631j:plain

5周年を記念して、5本の薔薇を買ってきました。こんな風にしっかりじっくりと薔薇の花を見たのは実は初めてかもしれないんですが、薔薇って、本当に本当に美しい花ですね。こんなに美しい花を象徴にしてもらえた事がとても幸せで、そして薔薇の花に負けないくらい、強く美しく誇り高く成長したSexy Zoneというグループが私は本当に大好きです。

来年は6本、再来年は7本と1本ずつ本数を増やしていきたい。

以下ベスト盤の特典やSTAGEの内容に触れています。ネタバレ注意。ド新規の戯言です。支離滅裂だったらすまない。

Sexy Zoneと薔薇。

Sexy Zone 5th Anniversary Best、買いましたか?もちろん私は買いました!Sexy Zoneへの愛がぎっしりみっちりと詰まった素晴らしいベスト盤です。ソロ曲は今回どれもレベルが高くて大好きなのですが、「Welcome to the paradise」と「Why?」が大のお気に入りです。ウェルパラはマリちゃんの確固たる世界観と表現力に酔いしれるしかないですし、Why?はアレンジが抜群によくて。テクノっぽさと金管のバランスがたまりません。あとしょりたんの歌がめちゃめちゃいい。佐藤勝利様大勝利なソロ曲。もちろん他の3人も最高ですよ!サマハニもいいアレンジつけてもらってありがたい限りです。

今回のベストアルバムって、すごくアートワークが素敵ですよね。ジャケットをはじめとして、ディスクデザイン、ブックレット、帯…すみずみまでこだわり抜いた事が伝わって来る素敵なデザイン。そこから伝わって来るのは、Sexy Zoneのこれまで歩んできた道のり、どんな過去も全て大切にしていきたいという気持ちと、その過去を胸にして次のステージに進んで行くという、極めて前向きな彼らの意思でした。初回Aのジャケットを始め、至る所で薔薇の花が使われた今回のベスト盤は、セクガル的グッドデザイン賞です。よびすては一体なんだったんだ

f:id:chiwo567:20161116184858p:plain

セクガルにとって、薔薇はとても大切な花です。しかし、当の本人たちにとってはどうだったんだろうか、という事を少し考えていました。

先日のRの法則でのふーちゃんの「急遽集められた薔薇」って言葉を聞いた時、それは薔薇の花の事でもあり、5人そのものを指しているように私には思えました。ある日突然集められて、5人でデビューをする事になったSexy Zone。その彼らに自分との意思と関係なくただ、無理やり渡されたであろう赤い薔薇。これがSexy Zoneと薔薇の始まりだったはずです。しかし今回の薔薇を全面的に推したアートワークや、今回初めて5人で作詞した新曲「STAGE」の"咲いて 誇れ 夢に見たように" "枯れないで いつまでも" "赤い薔薇に誓う" という歌詞を見るに、デビュー時はただ与えられただけだった薔薇の花は、5年経った今の彼らにとっては、きっととても大切な自らの象徴であり、支えであり、誇りなんじゃないかなぁなんて事を思うんです。

Sexy Memories、STAGEのこと。

Sexy Memories、素晴らしかった。マリちゃんがみんなをおもてなしするという設定がまず天才的だな…と最初は思いましたが、ここまで話してくれるんだなってことにすごくびっくりしました。すごく印象的なのがふーちゃんが「最初はこの5人でデビューするのが嫌だった」とはっきり言ってくれたこと。これは驚きと共に「あ、よく言ってくれたな」ってすごく思って。なんか嬉しかったんですよね。言えるようになったんだなと。あとは「2枚目のシングルが出せるかどうか…」っていうのも衝撃的で。知らないだけでたくさんの苦労や試練があったんですよね。きっと。最初はふざけてたのに、だんだん真剣に映像を見ていく姿もすごく良かったです。3人時代のPVも変に避けないで見てくれて良かった。最後のメンバーの語りからも、やっぱり前だけを今彼らは見ているというのがすごく伝わってきて、こちらも前向きな気持ちになれました。「来年が勝負の年」というSexy Zone。一体どんな6年目になるのかワクワクします。

最近の色んな雑誌での彼らのインタビューを見ていると、泣けるとか色々な感情があるんですけど、私はまず誤解を恐れずに言えば「すごく面白いな」って思っちゃうんですよ。こんなにも「正解に近いこと」を答え合わせのように言ってくれるのが驚きで。時々「刺激的な」事を彼らは述べていたりして、それがもしかしたら賛否両論を生むこともあるのかもしれないのですが、私はそれを嬉しいと思うし、面白いと思います。「あの経験が今の自分の糧になっている」って言うのは簡単だと思うんですが、「何がどうして、どんな風に糧になっているのか」って結構具体的な事を言ってくれている。そうすると納得感が違うんですよね。そういう彼らの話を踏まえて彼らの姿を見ると深みが増す気がします。苦しみや辛さを胸のうちに全て秘めて笑っているというのもとても尊いことだと思うのですが、こうして一部分でも心情を吐露してくれるのって、嬉しいと思います。メモリーズやSTAGEにも通じる事なんですけど。言わなくても正しく理解してあげられたらどれだけいいだろうかと思いますが、そんな事は不可能なので、口にしてくれると助かります。1000の推測よりも1の本人たちの言葉がどれだけたいせつか。

STAGEからも見えて来るのは過去を抱きながら前だけを見ているSexy Zoneの姿です。彼らの過去の事をどう捉えるかって、多分本当に人によって様々で、ある人にとってはもしかすると一生消えない「咎」なのかもしれなくて。全ての人が、一気に救われることは難しいんでしょう、きっと。まだまだ時間が必要な人もいて。私にとっては、STAGEは、彼らの過去も未来も現在も、全てをまるっと愛して一緒に前に進んでいきたい、そう思える曲でした。きっと多くの人にとってもそういう曲なんじゃないかなと思う。フレーズのひとつひとつに、心を込めて大切に歌い上げている事が痛いほど伝わって来る。「不器用でぎこちない僕らが描くステージ」というフレーズも愛しくてしょうがないです。本当に、本当に素敵なラブソングをありがとう。「離れていったあなた」にもSTAGEが届くといいね。どうかいつまでも枯れないで咲いて笑って、その手で地球を回してね。「棘」が刺さろうとも、歩いていこうよ、この"未知"を。

 

私は、セクゾン担になって…そもそもジャニーズの世界に飛び込んでまだ半年程のいわゆるド新規です。もしかしたらこれは近年ファンになった人に共通することではないかと思うんですが、彼らのことをずっと昔から見ていた訳ではないので、こうやって彼らのことについて思った事を言葉にする時に迷いがあります。とてもデリケートな過去をファンは抱えていますので尚更。間違っていたらどうしようとか、所詮私なんてただのド新規だし反感をどこかで買ってしまうのではないか…みたいな事を思わなくもないんです。長年応援してきた人にしかわからない想いや苦しみがある事はもちろん知っていますし、全てとは言わずとも、ある程度は理解をしているつもりです。所詮後追いとは言え、その過去を知ってしまって、自分でもずいぶん苦しみました。ただ、これから先もずっと彼らの事を応援していきたい、共に年を重ねていきたいという想いは強くありますので、こうやって節目の日に文章を起こしてみました。Sexy Zoneを見ていて思ったけど、自分の想いを言葉にすることってすごく大切だ。これから毎年薔薇の花を買って、毎年こうして自分の想いを残していきたいと思います。

 本当におめでとう。一人でも多くの人にこのベストアルバムを聴いてもらえますように。※11/24 せっかくなのでtwitterにあげた動画を足しました

 

Sexy Zone楽曲大賞の結果をアルバム+αごとに分類してみました

Sexy Zone楽曲大賞2016

Sexy Zone楽曲大賞結果発表、大盛り上がりでしたね。私は今回初めての楽曲大賞だったんですが、そりゃーもうめちゃめちゃ楽しかったです!大興奮!楽曲大賞、本当に素敵な企画ですね。セクゾン担のエモくて耽美で壮大で重い面白いコメント群にはかなり胸が熱くなりました。個人的に一番ツボだったのはエレショのコメント。

データを分類したり平均出してみたりという遊びが結構好きなので、先日作った楽曲データ集に楽曲大賞の数値を入れて各アルバム毎にポイントと順位の平均値を出してみました。本当に単純な平均値です。勝手に数字使わせてもらってすみません。

アルバム全体、シングル曲、カップリングを抜いたアルバム曲のみの数値を出しています。

※ただのお遊びですからね!

 各アルバムの平均値

f:id:chiwo567:20161114210631p:plain

というわけでまずは集計結果を先に載せてしまいます。

アルバム通しての平均ptが一番高かったのは「one Sexy Zone」でした。

f:id:chiwo567:20161114210723p:plain

f:id:chiwo567:20161114210538p:plain

やっぱりダントツ1位のSexy Zoneの4527ptが強い。もはやチート。6位のLadyダイヤモンドも輝いてます。アルバム曲オンリーだとさすがに平均ptは落ちますが、根強い人気のある楽曲が揃っていますので、平均順位はそこまで変わっていないですね。

f:id:chiwo567:20161114210512p:plain

f:id:chiwo567:20161114210617p:plain

全曲→アルバム曲で唯一平均ptがUPした「Sexy Second」。そもそも全曲通してもすごく平均ptが高いです。2位「ぶつかっちゃうよ」は2492ptのうち1036ptが他担票。他担人気がすごい。ちなみに他担のSexy Zoneへの得票ptは4527pt中の1089pt。セクゾン担のデビュー曲に対する想いの強さを感じました。

f:id:chiwo567:20161114210521p:plain

f:id:chiwo567:20161114210555p:plain

ちょっと平均が低めです。やっぱりグループオンリーの楽曲大賞だとユニット曲やソロ曲は優先順位が下がりがちなのかも。リリース時の背景というのもありますが…。Hey you!の8位が眩しい。セクパワや3人ゾーンの時の曲も名曲揃いなんですよね。ドシャブリRainy girlとかレディ・スパイシーとか大好きです。

f:id:chiwo567:20161114210530p:plain

f:id:chiwo567:20161114210609p:plain

ちょっと面白い結果だったのがウェルセク。平均ptは4つのアルバムの真ん中ぐらいなんですが、平均順位は全曲もアルバム曲も1番でした。こうして表を見ると、どの曲も満遍なく上位につけてる印象です。ほぼ全曲が半分より上の順位なんですよね〜。ウェルセクちゃんは優等生。

 

おまけ

とうとう明日はSexy Zone 5th Anniversary Best フラゲ日!!というわけで、ベスト盤disk2のメンバーセレクト楽曲と、楽曲大賞の10曲(ソロ曲、シングルを除外したトップ10)をなんとなく比較してみました。

f:id:chiwo567:20161114213302p:plain

f:id:chiwo567:20161114213309p:plain

赤字はベスト盤と被っている曲です。楽曲大賞の方が数値がいいのはそりゃそうなんですが、そんなに変わらない印象です。というか10曲中6曲被ってるって結構すごい。

これをベスト盤が出る前に載せたかったが為に今日慌てて更新したようなもんです。ベスト盤楽しみすぎてつらい。

f:id:chiwo567:20161114225318p:plain

 こんなにベスト盤というものの発売を楽しみにしているのは生まれて初めて…。

ほんとにおまけ:自分の投票結果振り返り

chiwo567.hatenablog.com

1位 「Sexy Zone

→1位 4527pt

デビュー曲がぶっちぎりの1位っていうのは嬉しいですね。上の方でも少し触れたんですが、3/4はセクゾン担のptです。多分1位にあげる人が多かったんでしょうね。私は1位をWith youかこっちかでだいぶ悩んだんですが、どっちも2位や3位ではなくてどっちかを1位にしたい!という気持ちがあったので今回は泣く泣くWith youを外しました。

2位 「Ghost~君は幻~」

→30位 499pt

思ったより低かったなー!というのが正直な感想でした笑 私もそうなんですが、パフォーマンスに心奪われている人が多いですね〜わかる、わかるよ!

3位 「Easy come! Easy go! Easy love!」

→12位 1108pt

4位 「4 Seasons」

→16位 960pt

イジカムと4Sのコメントはキラキラしててどれも素敵。 

5位 「CANDY~Can U be my BABY~」

→3位 2275pt

一桁には入るかなとは思っていましたが、まさかまさかの第3位…!ちょっとヒヤヒヤした。多分、ほとんどの健人担はまずCANDYをどこかには入れることは決まっていて、他の4曲で悩む人が多かったのでは。私がそうでした。その結果がこの順位かなぁと。でも他担からも人気あるみたいで嬉しいですね。私にとって健人くんはもちろんSexy Zoneとの出会いの曲でもあります。そして光栄なことに、楽曲大賞さんに私のコメントをピックアップして頂きました。

最初見たときはびっくりしすぎてずっと手がブルブル震えていました…。びっくりしている間に楽曲大賞が終わっておりました…w

 

セクチャン東北弾丸ツアーロケ地巡りに行って来た話(ふま聡) 

りひさ!

f:id:chiwo567:20161108195736j:plain

東北弾丸ツアーふま聡ルート覚書き。 

ずいぶん前の事になりますが、9月末仙台への遠征がてらセクチャン東北ツアーのロケ地めぐりへ行ってきました。私は都内在住。別アーティストのライブへ遠征するついでなのもあり、鳴子温泉ホテルには時間的経済的関係とそもそも予約がいっぱいだったので泊まっていません。

同じバンドつながりのAさんと一緒に行きました。ちなみに彼女は勝利担なので菊池担と松島担不在でロケ地巡ってました。

 

1日目 利久+青葉城

この日の夕方、仙台PITへライブを見に行く予定だったので、そこに合わせて一日のスケジュールを立てています。バインセラはいいぞ。

 

11:00 仙台駅着

f:id:chiwo567:20161108200904j:plain

同行者のAさんとは現地集合。チェックインは15:00でしたが、その前にホテルに荷物だけ預けに行きました。

f:id:chiwo567:20161108202153j:plain

仙台来たの10年ぶりくらいだったんですけど仙台駅広い広い…流石政令指定都市我々待ち合わせがテキトーすぎて落ち合うのがちょっと大変でした。現地集合の場合はしっかり打合せしておきましょう。

りひさ ミッション:牛タンゲーム★☆☆☆☆

f:id:chiwo567:20161108201028j:plain

仙台駅から徒歩でふま聡伝説の牛タンゲームが行われた「利久一番町やなぎ町店」へ。

f:id:chiwo567:20161108201116j:plainf:id:chiwo567:20161108201223j:plain

 仙台駅を背にしてマツキヨのある通りをずーっとまっすぐ歩いていくと見えてきます。徒歩10〜15分位だったかな。

11:30オープン。予約してましたが、我々が到着する前に何人か並んでました。混雑することも多いようですので、予約するのがベターでしょう。奥の席に通されましたが、ふーちゃんと聡ちゃんが居たのは手前のブースの真ん中の席じゃないかなー多分。

f:id:chiwo567:20161108201305j:plain

ケチってお安めの定食頼んだらソコソコでちょっとコメントに困る味だったのでここはケチらず極定食行った方がいいと思います。

f:id:chiwo567:20161108200811j:plainf:id:chiwo567:20161108200813j:plain

牛タン食べてたらよびすてが流れてきてびっくりしたのはいい思い出。

青葉城 ミッション:政宗からの挑戦状★★★★☆

f:id:chiwo567:20161108201745j:plain

りひさから徒歩で青葉通り一番町駅へ。10分位。「るーぷる仙台」という巡回バスに乗って青葉城へ向かいます。るーぷる仙台仙台の観光地を巡回するバスです。結構混雑しててなかなか座れない状態でした。仙台の観光地で基本的に止まる為か観光ガイドチックな音声案内が嬉しい。

SuicaとかPASMOとか使えました。ガッツリ仙台観光するなら一日乗車券とかもあるみたいです。15分〜20分刻みの運行(平日か土日かで変わります)。細かい運行予定表がサイトに載ってますのでチェックしておくのがいいと思います。

青葉城まではバスで15分位。 

f:id:chiwo567:20161108202021j:plainf:id:chiwo567:20161108202108j:plain

青葉城跡でロケ地巡りは30分かかるかかからないか位かな。きちんと観光したら話は別かと思いますが…。

f:id:chiwo567:20161108202330j:plainf:id:chiwo567:20161108202131j:plain

残念ながらこのパネルはリニューアルされていた模様。

 

f:id:chiwo567:20161108202208j:plain

おやかた様にも会えなくて残念。

帰りはるーぷる仙台に乗ってもいいんですがこれ一方通行なのでるーぷる仙台に乗ってしまうと50分くらいかかります。徒歩で国際センター駅まで行って(10〜15分位)電車に乗って仙台駅まで帰るのがいいと思います。1kmくらいだったかな。ずっと下りです。 

1日目はこれで終わりです。夜は仙台PITでライブ見た後朝の3時までしこたま飲んでたので次の日大変だった。

正直りひさより居酒屋で食べた牛タンの方がおいしかった

 

 

2日目 猊鼻渓で運玉投げ

猊鼻渓 ミッション:運玉投げ★★★★☆

f:id:chiwo567:20161108200820j:plain

猊鼻渓舟下り | 猊鼻渓で、ゆったり舟遊び

乗り換えは、仙台駅→一ノ関駅猊鼻渓

仙台駅から一ノ関駅までは新幹線利用しました。

f:id:chiwo567:20161108202824j:plain

一ノ関駅から猊鼻渓駅へは大船渡線を利用しましたが、この線とにかく本数がない…。行きも帰りもびっくりするほど少ないので、きちんとスケジュール立てて訪問しましょう。2時間に1本レベルです。

f:id:chiwo567:20161108202843j:plain

猊鼻渓駅から舟下り場までは徒歩で5〜10分程。看板も出ているので分かりやすいです。迷わずいけると思う。駅降りてすぐコンビニがありますので、そこで買い物していくといいかも。

舟下りはサイトを確認すると出発時間が決まっているような感じだったんですが、都度運行しているような状態でした。チケット買って並んでたらすぐ出発してくれた。今回は女性の船頭さんだったんですけどめちゃめちゃステキな方でした。女性だけど面白くてカッコイイただのイケメン。関ジャニにいそう(よく知らないで適当にに言ってます)。東北だけど。

f:id:chiwo567:20161108203218j:plain

行きは猊鼻渓の説明を聞きながらまったり舟下り。セクチャンのロケの時とは違って屋根はついていない舟でした。こたつ舟は12-2月運行ってサイトに書いてあったので、再現度を求める方はそのシーズンに。

舟にカモがずっと付いてきてかわいかったです。f:id:chiwo567:20161108203135j:plain

このカモは猊鼻渓の大事な派遣社員との事(魚用の餌を目当てにくっついてくるカモに餌をあげたがるお客さんが多く、おかげで魚の餌の売り上げが倍増したそうです)

 30分位で運玉投げが出来る船着場に到着。舟から下りて10分位の所かな?運玉は5個100円。ちなみに戻ってきた所でお土産用の運玉売ってますので、5個全部投げちゃっても問題ないです。

f:id:chiwo567:20161108203339j:plainf:id:chiwo567:20161108203306j:plain

穴まで相当遠くて我々は1個も入れることが出来ない所か壁にすら当たりませんでした…。球技とかやっていないと女性には難しいかも。菊池風磨スゲェ…菊池風磨スゲェ…ってずっと言ってました。

f:id:chiwo567:20161108203341j:plainホントすごい。

なぜか絵馬があったので、セクゾンちゃんの商売繁盛祈願で一枚書いておきました。

帰りは船頭さんのトークやげいび追分を聞きながら戻ります。このげいび追分がとても素晴らしくて、ちょっと泣きました。

f:id:chiwo567:20161108203117j:plain

猊鼻渓、ロケ地巡り抜きにしても凄くいい所です。ロケーションサイコーお勧め。 

90分くらいで戻ってきて、お昼。その後本当は紙すき体験する予定だったんですが寝不足と疲れですっかり忘れてました…

東山和紙-岩手の手すき和紙-紙すき館

(ちなみにここです。時間つぶしにいいかも)

猊鼻渓の売店でクラゲのアイスを頂いて電車の時間までベンチでボケーッと過ごしました。色々な種類のアイスとかジェラート売ってて猊鼻渓限定の味とかあるようです。Aさんはどぶろくアイス食べてた。

f:id:chiwo567:20161108204521p:plain(2016年11月8日の時刻表)

帰りは本当に本数が少ないのでしっかり確認しておきましょう!疲れきっていたので、一ノ関から一本で東京まで帰れる新幹線に乗りました。爆睡待ったなし。

 

鳴子温泉ホテルに泊まるなら大分移動に時間が取られそうなので、スケジュールに余裕を持たせて計画するか、レンタカーを借りるなどした方がよさそうかなぁと思いました。

f:id:chiwo567:20161108205937j:plain

ロケ地巡りなんて初めてやったんですが超楽しかったです!仙台も岩手もいいところでした。機会があったら健しょりマリルートも行ってみたいなー

f:id:chiwo567:20161108205941j:plain

Sexy Zone楽曲大賞2016に投票しました

 

初めての楽曲大賞

 

私のTLには昔から何故かたくさんのジャニヲタがいたので、毎年「ジャニーズ楽曲大賞」なる年中行事が開催されているのは私がセクゾン担になる前からなんとなく知ってました。「なんだかわからないけどめっちゃ楽しそうなことやってるな〜」気にかかっていた楽曲大賞というイベント。

満を持してジャニヲタの門を潜った今、後追いで見てもオタクたちの熱くエモいコメント群には泣かされます。

年末の楽曲大賞初参加を楽しみに待っていた矢先、Sexy Zoneデビュー5周年を記念してスピンオフ企画「Sexy Zone楽曲大賞2016」が開催とのことで例に漏れず私も投票してきました。

選曲もコメントにもずいぶん悩み苦しみましたがめちゃめちゃ楽しかったです。改めてセクゾンの楽曲と向き合ういいきっかけになりました。マイベストを考える機会があるのはいいことですね。

コメントと順位にクレジットを添えて、備忘録として残しておきます。

(今見返すとコメントがつたなすぎて修正をしたい)

 

 

@chiwo5678さんの投票内容

 

1位 「Sexy Zone

作詞:Satomi / 作曲:馬飼野康二 / 編曲:CHOKKAKU

「ここからはじまる Sexy Zone

ふつうの男の子よりも、きっと沢山の宿命を背負った彼らのデビュー曲に相応しい、壮大で耽美なナンバー。きっとこの先、10年20年と時が進むにつれて、歌詞の重みも増していくのではないかと思います。いつまでも大切にしていきたい一曲です。

youtu.be

 

 

2位 「Ghost~君は幻~」

作詞:小林光明 / 作曲:Tommy Clint / 編曲:Tommy Clint

「Slowly 息もできずに 君に釘付け」

なんと言ってもセクセカツアーのパフォーマンスが印象的です。黒に輝く衣装を纏い、暗闇の中まるで何かに取り憑かれたように妖しく激しく踊り歌うSexy Zone。サビのキョンシーを彷彿とさせる下手をするとコミカルとも思える振り付けが浮世離れした彼らの雰囲気にドンズバです。Sexy Zoneの新たな一面を開拓した曲なのではないでしょうか。

 

youtu.be

※個人的Sexy Zoneパフォーマンス大賞がこれ。

セクセカのGhostが好きすぎてウェルセクの謎演出とカメラワークには正直ガッカリした

 

 

3位 「Easy come! Easy go! Easy love!」

作詞:三浦徳子 / 作曲:Jovette Rivera, Maiko Kawabe Rivera / 編曲:鈴木Daichi秀行

「なんだって いつだって キラキラ」

これでもか!というくらいに詰め込んだオノマトペ満載のサビが楽しい一曲。「光る cherry pie,apple pie,lemon pie」というフレーズを始めとして、恋の甘酸っぱさが散りばめらている中、「宇宙船」「ユニバース」「宇宙の真ん中」なんて壮大なワードが飛び出してきちゃうのが最高です。

 

youtu.be

 

 

4位 「4 Seasons」

作詞:miyakei / 作曲:HIKARI, DAICHI / 編曲:生田真心

「髪乱してもっと ときめいて きらめく笑顔くれないか」

印象的なイントロからの早口で軽やかなサビがなんとも気持ちがいい。日本語の心地よさとキラキラの多幸感に満ちた大名曲です。君と僕の四季のうつろいと春のまばゆさを描いた歌詞がSexy Zoneの華やかな歌声にぴったりだと思います。

 

youtu.be

 

5位 「CANDY~Can U be my BABY~」

作詞:中島健人 / 作曲:サミュエル・ワエルモ / 編曲:生田真心

「君が泣いている時間 笑わせるよ?」

中島健人くんという世界一素敵な男の子からの世界一素敵なラブレター。彼のとびっきりのきらめきと優しさと愛を、甘いお砂糖でコーティングしたような、アイドル中島健人を完璧に表した世界観だと思います。LOVE KENTY!

 

youtu.be

 

担当アンケート

中島健人

 

 

出来る限りバランスよく5曲と思って選びました。

特に最初期の曲はほんとに選びきれなくて、代表して「Sexy Zone」1曲に気持ちを込めたような感じです。

Sexy Secondは結局2曲選んでますが、本当はぶつかっちゃうよとかコングラとかアマガとかも入れたかった…。

ここに入れなかった曲がこの5曲よりも好きじゃないかって言われたらそうではないんだよー!みんなそうだと思うけど!!

 

結果発表が楽しみですね!

 

ちなみに私がセクゾン担になって1ヶ月目くらいでやった全曲チャートの結果がこちら。

 

f:id:chiwo567:20161106214206j:plain

(正直ここまで自分が優柔不断だとは思わなかった)



Sexy Zone楽曲製作者データ(Sexy Zone〜よびすて)

私はなぜこんなにもSexy Secondが好きなのか?

f:id:chiwo567:20161106195109p:plain

セクセカの圧倒的生田真心先生率。

 

Sexy Zone楽曲製作者データを作りました。

f:id:chiwo567:20161106211814p:plain

Wikiからコピペをひたすら繰り返してちょっと手を加えただけでたいしたものでもありませんが、もしかしたら需要があるかもしれないので公開します。

こういうデータ集みたいなのよくないですか?私は大好きです。

www.dropbox.com

※11/7 データ差し替え(Susumu Kawaguchiさんの表記を「川口進」さんで統一)

上のリンクからExcelデータをダウンロードしてご利用ください。

多分Excel触ったことあれば誰でも使えます。

 

 

属性について

各曲にそれぞれ属性をつけてます。

左から説明します。

 

NO.→リリース順にデータに番号を振っています。

113番以降はダブったデータになります。(後述の作曲者検索の為)

 

ダブリ→ダブリなしでデータを検索する用。●を選ぶとダブリなしデータ。※はダブリデータに振ってます。作詞者編曲者についてはダブリ無しデータで検索するのがいいです。多分。

 

リリース年→そのまんまです。

 

種類→シングル曲(SGL)、カップリング曲(C/W)、アルバム曲(AL)

アルバム収録のシングル曲にはAL属性はついてません。

 

アルバム→one Sexy Zone(1st)、Sexy Second(2nd)、Sexy Power3(3rd)、Welcome to Sexy Zone(4th)

シングル曲にも属性振ってます。

 

タイトル→そのまんま。複数作曲者がいる曲はデータダブってます。

 

名義→ソロとかユニットとか。セクパワは厳密に分けましたが3人時代の曲は一旦そのまま「Sexy Zone」としてます。

 

自由→何も入れてません。適当に同じ数字とか文字入れて、マイベストの検索とかに使ってください。この欄消しても問題ないです。

 

作曲→最大5名の連名クレジットがあり、どうしたものかと思いましたが、分解して全部個々にデータ独立させました。

クレジットが2番目以降に入っている場合でも一発で検索出来るようにデータを重複させています。赤がクレジットが最初に来ている場合、橙緑青紫は2番目以降のクレジット。

「作曲1★」から検索してください。

STEVEN LEE先生で検索した例がこれ。

f:id:chiwo567:20161106195646p:plain

rouge〜New DayはSTEVEN LEE先生が最初にクレジットされている曲(赤)

Party up!とフレンドは2番目(黄)

(Party up!の正式なクレジットは「Takuya Harada/STEVEN LEE/Drew Ryan Scott」

フレンドは「Takuya Harada/STEVEN LEE」)

It's going downは3番目(緑

(It's going downの正式なクレジットは「Christofer Erixon/Joakim Bjornberg/STEVEN LEE

 

作詞、編曲→そのまま。これは作曲と違って連名も少ないのでデータはダブらせてません。

 

製作陣の移り変わりを見て楽しむもよし、好きな曲の傾向をチェックして他Gの開拓に役立てるもよし、ブログのネタにするもよし、好きに使って下さい。

こんなもん作っといて全然専業作詞作曲編曲家には詳しくないんで、詳しい人にどんどんはてブロに投稿して欲しいです(それが狙い)

曲が増えたら更新します。間違いがあったら教えて頂けたら助かります。

 

ド新規のジャニヲタが「Mr.S "saikou de saikou no CONCERT TOUR"」を見たよ(後編)

前編を思った以上に色々な人に読んで頂けたみたいですごく嬉しかったです…

忘れられないうちに後編を!とっ散らかってます。

chiwo567.hatenablog.com

JUNCTION (Mission)

飛行機コント楽しすぎるぞ!ほんとなんでみんなオネエキャラなの!w

ご多分に漏れず慎吾ママのおはロック世代なのでこれは正直嬉しい。めっちゃ楽しいぞ!ていうか慎吾ママめっちゃ可愛くない…??何かに目覚めそう…。剛くんとやりとり可愛すぎない????ちょっと剛くん照れてない?!「つよぽん助けたから3000円ね!」って!可愛すぎるぞ!このコーナー私慎吾ママ以外ほとんどわからないのにすごい面白かったw

One Chance!〜世界一に一つだけの花

ひたすらSMAPの優しさに包まれるよ〜。暖かいよ〜。

木村くんの歌ってすごく上手でかっこいいんだけど、でもそれだけじゃなくってとっても優しくて素敵な歌声ですね。フォークロアな衣装のおかげでラブ&ピース感半端ない。そして編み込みヘアーグッとくる。よわいとこはなんといったらいいのか、繊細で儚い優しさを湛えた吾郎ちゃんの歌声と力強くて包み込むような優しさの木村くん、二人のハーモニーがすごくいい。そこからの、好きよ冒頭の慎吾くんのソロパートへの繋ぎには参った。琴線にガンガン触れてくる。私、女性言葉の歌詞を男性が歌うの大好きなので好きよもクリティカルヒットです。慎吾くん、剛くん、吾郎ちゃんの「好きよ 好きよ」が特に好きよー!オレンジのサビ前の上がり方からの5人のユニゾンには否応無しに心が震えるなぁ。Helloは中居くんのちょっとクセのある歌声がすごくハマってていい。素朴な歌詞が映える素敵な声だなぁ。

世界一に一つだけの花は、私は聴くと泣いちゃうんですよね…どうしても。いろいろな解釈がある歌なんだと思うんですけど、これは「救済の歌」だと私は思っているので。これ言うの何回目だよって感じなんですけど、ほんとにほんとに優しい声と慈しむような慈悲深い5人の笑顔に、救われるような思いです。

 

Dramatic Starlight〜Top Of The World 

私のオタクDNAが沸騰。ここだけ大文字(赤)にさせて

DS→掌の世界このTK曲の繋ぎ最高でしょう!!この流れでテンションが上がらないオタクっているの!?!?!?!?!?Dramatic Starlightめっちゃめちゃ好きなんですけど、こういう激しく文字通りドラマティックでドチャクソエモい曲を貴公子のような儚い美しさを湛えた吾郎ちゃんが歌っちゃう所がもう最高だなって思いますね。仕草が美しい…。途中から4人がバックダンサー的に登場しての掌の世界への繋ぎがすごくスマートでですねもうめちゃめちゃ興奮する。ドーパミン爆産しすぎて死ぬ。掌の世界はもうなんか全部良いよぜんぶいい木村くんかっこいい。ステージの中央に集まってユニゾン熱唱してるの滾るしソロパートの繋ぎも最高だよ…。慎吾くんの投げキッスに軽率に恋に落ちそうになるよ!

アマノジャク、は〜これもまためちゃめちゃいい曲だよ〜流れるようなピアノの旋律と5人の心地いいユニゾンがもう最高に気持ちよくて高揚感半端ないよ〜この曲、全部ユニゾンで構成してるの天才。「バカのせい♪」であたまを指差すやつかわいいよー。セグウェイ乗ってる慎吾くんかわいいよー。アウター脱ぐ所なんかドキドキしたよ。

青いイナズマの冒頭の木村くんと剛くんの背中合わせがたまらないしここのソロパートの吾郎ちゃんめっちゃすきで、最後腰に手を当ててるんですけどその手と背中のラインとひらひらのシルエットが素晴らしくて何回もリピートしました。途中で映るくっしゃくしゃの笑顔でピースピースしてる慎吾くんかわいいよ…。5人みんなめっちゃ楽しそうでかわいいし表情がいちいちお茶目でキュンキュンが止まりません。この曲はもう否応無しにテンション上がります。さっきからずっと上がりっぱなしなんですけどね。ゲッチュ!Top Of The Worldもまたもう最高にかっこいいよー。SMAPが歌うと凄まじい貫禄の曲だわ。青と赤の世界がクールだよ。途中で剛くんと吾郎ちゃんが背中わせになってるとこ、吾郎ちゃんが胸に手を当てる仕草が超絶高貴。はけ方も凄い。木村くんの不敵な微笑み。好き。

衣装がまたすきなやつで。ホテルマンみたいな襟まわりの丈の長いアウターから更に白いヒラヒラがのびてるやつ…フォーマル寄りの露出少ない衣装大好きなのでこれもまたドチャクソツボ。アマノジャクラストでアウター脱いだあとの衣装も最高だよ!!ヒラヒラがメンズスカートっぽさというかギャルソンエプロンみたいで、いい。上半身はタイトで下はロングのヒラヒラみたいなシルエット大正義(何て言ったらいいのかわからない)。

 

藍色のGANG

途中で入ってる「Oh yeah!」はワダショの声ですよね?ワダショらしい大人の男のかっこよさが全開の「踊れるロック」に剛くんの色気がドンズバですね!!女の子にマイク持って貰う演出がなんか微笑ましさあったよw

Joy!!〜ビートフルデイ

ド派手スーツ再び。Joy!!の振り付けとフォーメーションいちいちかわいいし楽しい〜ジョイジョイ私もしたいです。オリジナルスマイルも本当かわいい。おててふりふりぴょんぴょんかわいい。もうかわいいしか言えない。SHAKEで舞台の上にお客さん?登ってくるやつ、5人含めて全員幸せそうな顔しててなんだか泣けてくる。優しい世界。らいおんハートは、5人がファンに向けて歌っているのが伝わってきて。アイドルがファンに向けていう所の「君を守る」ってどういうことなのかと真剣に考えてたことがあるんですけど、「君の居場所や君の心は僕が守るよ、僕が居場所になるよ」ってことなんですよね、多彼らは、ファンにとって他のなにものにも代え難い大切な居場所なんだよね。きっと逆もしかりで。

 俺たちに明日はあるからのビートフルデイ!なんでしょうかこの!最高のハッピーエンドは!!!ビートフルエンドの多幸感凄まじい。くちゃくちゃの笑顔ではしゃぎまくってる5人かわいいよ〜。中居くんおもちゃのラッパ吹いてるよ〜。名残惜しむように会場を練り歩きながらはけていく5人の姿がまるで、友達と思いっきり遊んだ一日の終わり、帰るのがさみしくてずっと友達に手を振り続けてる子供みたい。すごいかわいかった。「また遊んでね~!」だもん。キュン。一回はけた後に流れる気の抜けた5人の映像がまたよかった。中居くんのおなかつるんつるんだな!

最大級の多幸感に包まれながらの最高のエンディングでした。

 

 

まとめ

何度も書いてるんですが、本当に!楽しかった!とびっきりのおもちゃ箱みたいなコンサートでした。かっこいいとか、かわいいとか、色々あるんですけど、茶目っ気の塊みないな人たちですっごく素敵。ちょっとした表情とかしぐさの一つ一つが本当にお茶目!終始ニッコニコしてて誰よりも5人がこのコンサートを楽しんでるのが伝わってきました。あとは前編でも触れたんですけど、ファンへ向けるまなざしの優しさが、本当に印象的でした。言葉を選ばずに言えばなんならちょっと衝撃的なくらいに。構成、演出、映像もすごく凝ってて、本当に最高のエンターテイメントを見てしまった。

そしてMr.Sは名盤ですね…。ジャニーズ好きになってから他のGの曲も有名どころ位は勉強しようとベスト盤位は聴いたことあったんですが、やっぱりアーティストの本領はオリジナルアルバムで発揮されるんだなと痛感しました。もっと色んなグループのアルバムを聴いていきたいです。もちろんSMAPも。

 

見終わってしまう事がさびしくてしょうがなかったです。この最高で最高のコンサートを超えるさらに最高なコンサートを彼らが見せてくれる日が来ますように。そう願わずにはいられないです。すみません。

 

思っていた以上に沢山の方にこんなただのおたくのとっ散らかったブログを読んで頂けて本当に光栄です。嬉しい感想も頂いて、何で後編も一緒に書いてUPしなかったんだろうってすごい後悔しました。後編が楽しみとつぶやいて下さった方にも、見て頂けます様に。

ここまで読んで頂いてありがとうございました〜!書いてて楽しかった。

ド新規のジャニヲタが「Mr.S "saikou de saikou no CONCERT TOUR"」を見たよ(前編)

書いている人について

GRAPEVINEという邦ロックバンドがずっと好き。女子ドルに足首だけ浸かったのち、4ヶ月くらい前に突然Sexy Zoneに落ちてジャニーズに覚醒したド新規のおたく。

chiwo567.hatenablog.com

テレビをかれこれ10年位はまともに見ていなくて、SMAPのシングル曲で認識があるのはDearWOMENあたりまでだった。子供のころの思い出で語るのは余り好きではないんですが運動会で青いイナズマやら世界に一つだけのの花を踊ったり歌ったりしていたSMAPと同い年のアラサーです。知識レベルでいうと多分同年代より少し下くらいじゃないかな。全然知らないと言っても過言じゃないかも。

 

記事の趣旨としては、基本的に例の件は置いておいて、ド新規ヲタが初めて見たSMAPのコンサートについての感想に終始したいと思います。というのも見始める前は例の件が凄く頭をチラついてて、「それじゃいけない、フラットな気持ちで見るんだ!」と自己暗示をかけてまくってたんですが、見初めたらあまりにも楽しすぎて例の件の事が頭から吹っ飛んでたので…。(今は現実を直視するのが辛い)

一体どういうスタンスで書くべきなのか結構悩んだんですけど、思うが侭に楽しかった感想を書き連ねたいと思います。見るのを躊躇していた時に背中を押して下さったスマ担のMさんには感謝です。見てよかった。

 

コンサを見た後のSMAPに対する印象

あのですね、誤解を恐れずに言うと、自分が思っていた以上に、アイドルでした。

テレビで歌ったりする所とかもちろん見た事はあるんですが、やっぱりジャニーズ…というかアイドルの真髄はコンサートなんだなと痛感しました。

アイドルってきっと、いい曲があって(これは凄く重要な要因だと思う)、ステージがあって、歌があって踊りがあって、MCがあって、そしてファンいることで成り立つ、様々な要因が複雑に絡んだ総合芸術なんだと考えているんですけど、SMAPのコンサートはそのどこにも隙がないと感じました。曲はね、もうクラクラする程豪華な曲提供陣ですし。そりゃ良曲揃いなはずです。

私が知っているSMAP像なんていうのはさ、たぶん「タレントのSMAP」に過ぎなかったんだなぁと思いました。初めて目の当たりにした「アイドルのSMAP」は力強い輝きと優しさに満ちたスーパースターでした。

立ち居振る舞いのアイドル感もさることながら、なによりも客席へ向ける眼差しの暖かさと優しさに私は彼らがマルチなタレントとしてだけでなく、アイドルとしても第一線で輝き続けている理由を見出した気がします。控えめに言って菩薩かと思った。

めちゃめちゃ楽しくて本当に最高で最高のコンサートでしたよー。なんて上質のエンターテイメントなんでしょうか…!

 

それぞれのメンバーに対する印象

木村くん→全 て が か っ こ い い。それに尽きる。

中居くん→えっ中居くんってダンスめっちゃ上手いのな…!?!?重力どこいった。

剛くん→色気、色気がすごい…色気が…剛くんって色っぽいんだな…知らなかった…。

吾郎ちゃん→貴公子だ…所作が…所作とお顔が美しい…

慎吾くん→ニッコニコ。ニッコニコ。力強さと優しさを湛えた魔法みたいな歌声。

 

それぞれの曲のとっちらかった感想

Theme of Mr.S Opening〜無我夢中なLIFE

OPめちゃくちゃかっこいいー!!5人の登場の仕方も映画みたいでめちゃめちゃクールでワクワクする!一番好きなのはゴミ箱から出ててきて千鳥足でふらふらしてラッパ飲みからとびっきりの笑顔を見せる慎吾くん。初見時は上半身裸の木村くんのかっこよさに相当ビビってた。SMAPかと思いきや変装した女性ダンサーでしたー!っていう演出も素敵!粋だ!

この時着てるひときわド派手なスーツがまたよく似合っていて最高なんですけど、Mr.Sで衣装変わるじゃないですか。これが控えめのゴールドでゴージャスなんだけど正装感バリバリあって上品で私の好みドンズバ!襟が黒っていうのがシックでまたいいですよね…。ドツボ過ぎてしんどい。

メンカラなのかはわからないけど(ググってもよくわからなかった)ネクタイとハンカチとアウターの裏地が色違いのオソロなのがたまらんなーと思いつつ何回かリピしてようやく気づいたんですけど、このカラーリングOPの衣装じゃないですか!!気づいた時マジで卒倒するかと思った。この粋な演出に萌えないおたくっているのかと私は声を大にして叫びたい。

Mr.Sのステッキマイクのパフォーマンスが最高にジェントル。シャレオツのラストでアウターの裏地をやたらと見せてくる振り付け大好き。やりたい放題のイントロで5人で手を上げる所めちゃくちゃわくわくする!この曲自体めちゃめちゃ好き。ユニゾンの気持ち良さが半端ない。木村くんと剛くんの背中合わせキュンときた。

無我夢中LIFEの慎吾くんのソロ、伸びやかな歌声が琴線に触れてきて、どうしようもなく泣けてしまう…。にっこにこしておててふりふりしてるSMAPさんたちめっちゃかわいい。

 

君色思い夜空ノムコウ

君色思いの慎吾くんソロも大好きでやっぱり泣いちゃう…。この曲あの中居くんのソロからはじまって、みんな楽しそうな顔してたのが印象的だった。ていうかコンサ中ずっと楽しそうですよね、5人。木村くんてこんなニッコニコあどけなく笑う人なんだなぁ。多幸感溢れるココカラを歌いながらトロッコにのる5人のファンに向ける笑顔がめっちゃくちゃ優しくてそれ見てるだけで泣いてしまう。しっかりとお客さんひとりひとりを見つめて手を振ってあげて…神様みたい。そして剛くんに4人がマイクめっちゃ近づけるやつ可愛いがすぎる!

夜空ノムコウの吾郎ちゃんの所作の美しさよ…。腕まくりがまた美しさを際立たせている気がする。剛くんと吾郎ちゃんはこの衣装着ると線の細さが際立って色っぽいことこの上ないですね。この曲もニッコニコの慎吾くんが印象的だ。

この青色スーツは青いイナズマイメージなのかな?これはシャツの袖丈が皆違うのがイイ。お揃いに見せかけてメンバーの個性に合わせて衣装のデザインがちょっと違うのってホントオタクの性癖にクリティカルヒットですよね。リストバンドにバニーガールの付け袖的なエロティックさを感じる。

 

朝日を見に行こうよ〜BANG! BANG! バカンス!

キスマイあんまり詳しくないんですけど、SMAPとのやりとりが微笑ましくてすごい好感度上がりました。藤ヶ谷だったらどうやって客席をときめかせる?っていう木村くんのふりに対して全然ときめかないこと言ってる藤ヶ谷くんと、横尾くんが話している所を見るとハマっちゃうから後ろ向いてしゃべる慎吾くんがツボでした。横尾くんが歌う朝日を見に行こうめっちゃわろた。蓄膿フットツーw

BANG! BANG! バカンス!のイントロでターンしたら漫画みたいに汗撒いちゃった慎吾くんがシャンプー後のゴールデンレトリーバーでめっちゃきゅんときた。掛け合いみたいなソロパートのつなぎが楽しい!中居くんの歌がクセになるな!

 

Amazing Discovery

この曲初見時あまりに好みにドンズバでめちゃめちゃ興奮したんですけどヤスタカ曲なんですね!そりゃ好きなはずだ。納得した。大きな帽子の不思議なダンサーが印象的。壮大で幻想的な世界観にうっとりする…。何気に振り付けがかわいい。

DaDaDaDa〜SKINAIRO

剛くんと吾郎ちゃんの組み合わせがなんだか好きな私としては嬉しいユニット曲!サングラスつけて踊ってるのがおちゃめでかわいい。吾郎ちゃんのソロダンスの所かわいすぎない??大丈夫??

慎吾くんソロの衣装!衣装めっちゃいいぞ!!!ド派手スーツにあの帽子!ゴールドのスニーカー!スプレーの演出も面白かった。すごく優しい曲だなぁ。

 

Battery〜CRAZY FIVE

怒涛の勢いでクールな曲が続く近未来チックなフェイズ!

Batteryの血湧き肉躍る最高の登場シーンよ…(何回めの最高だ)。Batteryは曲自体がそもそもめちゃめちゃかっこいいんですけど、5人のパフォーマンスが最高にクールですよね。ポーンポーンポーンっていうやつ(なんて言ったらいいのかわからない)からダイナマイトへつなぎがかっこよい。そしてダイナマイトのサビ手前の慎吾くんの力強いソロにときめくしかない。$10といいMistakeといい中居くんのダンス、キレッキレがすぎる。重力を感じない。Mistakeの吾郎ちゃんと剛くんのソロがすごくすき。二人ともなんだか儚い。The Furureの中居くんソロが好きだ!にっこにっこしながらぴょんぴょんしてる慎吾くんも大好きだ!!!あーもう萌えすぎてしんどい!!!

CRAZY FIVEめっちゃクールなのにおちゃめで楽しくてなんなのこれ。大サビのあの歌詞を力強い歌声と優しい歌い上げる5人の姿にはこみ上げてくるものがあった。

 

Yes we are

5人の歌声と、ファンに向ける笑顔があまりにも優しすぎてボロッボロに泣いてしまった曲。ひとの胸を打つ、なんて優しいユニゾンなんだろうか…。自分の心の黒いものが浄化されていった気がするよ。

 

とりあえずここまで。近日中に後編書きます。せっかくの素敵な作品なのに語彙力がゴミで申し訳ない。私の大好きなDramatic Starightの感想書きたいから後編絶対書くよー。

 

追記:8/23 後編書きました

chiwo567.hatenablog.com